フエ料理 in ベトナム

以前、ベトナム南部ビンズン省でフエ料理を食べました。
こちらのレストランです。
Hoàng Cung Quán(皇宮館)
けっこうちゃんとした風情のレストランでした。


そのレシートがこちら。
f:id:saigon-taro:20110906144050j:image

Ram Huế  フエ風揚げ春巻き  40,000ドン
Bánh Uớt Thịt Nướng 蒸し春巻き焼き豚肉包み  30,000ドン
Cơm Âm Phủ  陰府飯(地獄飯)  75,000ドン×2
Cháo Hào  牡蠣雑炊  80,000ドン
CAM SEC  オレンジジュース?  35,000ドン
Chạo Tôm  サトウキビに巻いたエビすり身焼き 40,000ドン×5
HEINEKEN  ハイネケン  23,000ドン×6
Khăn Lạnh  冷やしタオル(おしぼり)  2,000ドン×5
Tổng Cộng  トータル  683,000ドン(約2,500円)


女性もいたので食べた量は少なかったですが、それでも3,000円でお釣りがくるのは嬉しいですね。


Com An Phu(飯陰府・地獄飯)という名前の由来を同席のベトナム人に尋ねたのですが知りませんでした。
普通の五目御飯で、特に「地獄」を思わせるような見た目でも味付けでもないので不思議でした。
ググってみるとどうやらフエでこの料理をだしている料理屋さんの名前に由来するようです。

『フエに来るとお昼に立ち寄ったりします。サイゴンのフエレストランではこのメニューが Cơm Âm Phủ 「コムアムフー」と呼ばれていますがそれはこのお店の名前を冠したご飯。元祖のこのお店ではCom Tap Cam コムタプカムと呼ばれています。
フエ・混ぜご飯 Com Am Phu - DaNang Data Blog

こちらには看板の写真が。
[気温38℃][晴れ] Com Am Phu の住所 - DaNang お天気 Blog


確かにお店の名前は"Âm Phủ"ですね。